My Favorite Something...

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
東京都知事の件(続き、終わり)

東京都知事の件の続き。

なんか・・・、東京都議会は、次期都知事選の候補者探しで忙しいご様子だ。
予想通りって感じだが、舛添都知事の件は、辞職したら幕引きらしい。

舛添都知事を辞めさせたかったのは、都知事として不適格だからだと思うんだが、それと政治資金流用の追求は別だろ。
辞めたら疑惑が消えるのか?辞意を表明するまでは追求してただろ。
時間がある限り、追求すべきだろう、百条委員会で問うべきだろう。なぜしない?
全てうやむやにするための茶番だったのかい?
議会以外では大した仕事はしてないんだから、せめて、こういう時位仕事してほしいものだが。

東京都議会だけじゃなく、他の道府県議会も同じようなもんだろうが、
議員は選挙に当選して議員になれたら、その時点で仕事が終わるんだ。
議員になれた暁には、議員生活のぬるま湯の中、議員の論理でしか考えられず、正しい判断のできない人たちに変貌を遂げる。

有権者は、こういう出来事を過去のものとせず、次の選挙での投票行動の大きな理由の一つとして行動するしかないのかな。
選挙の公約なんて、どうせ守られないんだから、こいうところで判断してもいいのかもしれない。

ちなみに、
舛添知事は任期半分ちょっと勤めて、退職金2200万貰えるらしい。
東京防災など成果がないわけではないが、都市外交を恰好付けて旅行に行って、数々の公私混同疑惑、こんな人に2200万ねえ。
これじゃあ、そこそこ知名度ある人は知事になりたくなるわけだ。

報酬とは、
「労務または物の使用の対価として給付される金銭・物品など」(goo辞書より引用)
とある。

今の世の中、そうなっているのだろうか?
 
東京都知事の件
毎日、ワイドショーを賑わせている舛添氏。私は東京都民ではないが、少し話をしてみる。

「朝まで生テレビ」って今でもやってるんですね。
私が高校生頃に番組が始まったんじゃなかったかと思うのですが、大学の頃、良く見てました。
友人とあーだここーだ話しながら真面目に見たり、ゲームしながら見たりしてましたね。

その時に、たびだび舛添氏が出ていました。
その時は、政治家相手に正論を述べていて、そうだ、そうだ、この人が政治をすればいいのに・・などと思っていました。

それから、年を経て今の舛添氏。
あの頃とは全く別の人間に成り下がってしまったんですね。
何が正しく、何が正しくないのかわからない人になってしまったようです。
政治家になると、人って変わるんでしょうか。
それか、昔、私が見た舛添氏が作られた善人舛添氏だったのだろうか?
たしか、友人は偽善者っぽいって言ってたけど、友人が正しかったのかもしれないですね。

政治家って、どいつもこいつも、生活に不自由しない報酬もらいながら、ザル法をすり抜け私腹を肥やし、贅沢三昧、
まあ、それでも仕事してるのなら良いですが、多くの政治家は仕事をしていないからね。
今回、舛添氏に絡みいろいろ疑惑が出ていましたが、結構ありましたよね、仕事と称し、自分の趣味を堪能していた事例とか。

舛添さん、あなた、政治家として、人間として恥ずかしくないのですか?また、親として恥ずかしくないのだろうか?
「可決されるとリオデジャネイロ五輪・パラリンピックの最中に選挙を行わなければならない。(終わるまで)猶予を頂きたい」だ?
ふざけないでいただきたい!あなたがまいた種でしょ。猶予云々言える立場ではないはず。
オリンピックが気になるなら、もっと前に、潔く辞めていればよかったでしょ。
選挙はオリンピック中でも出来ます、あと、リオには、副知事が行けばいいので、問題ありませんよ。
というか、あなた、選挙と五輪が重なるとか恰好つけて、ただ、公費で家族でリオに行きたいだけですよね?
で、あなたが閉会式でオリンピック旗の受け渡ししたいだけですよね?

東京オリンピックは日本で行います。
その日本人として、あなた様なセコイ恥さらしな政治家を恥ずかしくて外国には出せませんよ。
さっさと都知事辞めて、セコイ手つかって蓄えた金で、悠々自適な老後生活楽しんで下さい。
そして、今後一切公の場に出て来ないでもらいたいです。
お願いしますね。


 
続きを読む >>
平成27年 国勢調査 速報値
昨年10月に行われた国勢調査の速報値が発表されました。
今年からインターネットを使った調査が導入されかなり楽になったと思います。

普通の方にとっては、国勢調査?何だ?面倒だなって感じではないかと思うのですが、私にとってみればとても興味津々な調査であったりします。というのも、私、この手の統計(特に人口)にとても興味というか惹かれるものがありまして、5年ごとの国勢調査の結果を楽しみにしているのです。

余談ですが、これは、大昔の子供の時からでして、小学生のころから地図が大好きで、それの延長だったのかもしれないのですが、小学5年の時に「全国の都市の人口」という自由研究をしたこともありました。この自由研究はちょっとした表彰をされたのですが、大きな(廊下の掲示板一面に貼らさる位の大きさ)模造紙に、日本地図を描き、各都市の位置を点で落とし、点から引き出し線を描き人口を記載するといった、割と手の込んだものでした。人口の値は、当時、少年朝日年間というものが売っており(今もあるのかなあ?)それに記載の人口の値を使用していました。その、少年朝日年間は毎年発売されており、いつからかはは覚えていないのですが、7~8年分は毎年買ったと記憶しています。
そんな感じで人口統計を漫画を読むように眺めていた私は、当時、日本の大都市のだいたいの人口とトップ20位は頭に入っていましたし、北海道の32都市全てと人口も頭に入っていましたし、来年の人口推計をしたりもしていました。
こんな、地図・人口マニアの子供でしたが、外で野球や自転車で遊んでいたので安心してください(笑)

本題に戻りまして、
国勢調査ですが、今や簡単にインターネットでデータが落とせて楽な時代です。
下表が北海道のベスト20都市です。

平成27年 国勢調査 速報値

順位 市町村名 人口
1 札幌市 1,953,784
2 旭川市 339,797
3 函館市 266,117
4 釧路市 174,804
5 苫小牧市 172,794
6 帯広市 169,389
7 小樽市 121,910
8 江別市 120,677
9 北見市 120,652
10 千歳市 95,664
11 室蘭市 88,585
12 岩見沢市 84,541
13 恵庭市 69,745
14 北広島市 59,087
15 石狩市 57,462
16 登別市 49,656
17 北斗市 46,416
18 音更町 44,835
19 滝川市 41,209
20 網走市 38,966
出展:北海道庁

気になる点を見てみましょう。
札幌市
言わずと知れた、道都ですが200万人目の前です。今回、前回より4万程増加していますので、次回の平成32年の国勢調査で200万超えるかが焦点でしょう。おそらく超えないと思いますが・・・。

旭川市、函館市、釧路市
地方の中核となる都市ですが、結構人口減ってます。産業的な要因と郊外流出の側面が原因でしょうかね。

苫小牧市、帯広市
北海道は札幌圏以外はほぼ減少傾向にあるのですが、この2都市は微増、横ばい、微減で遷移しています。工業系、農業系の流入人口が多いのではと思われます。

その他
札幌圏ですが都心回帰の傾向もあり札幌のみ増加傾向です。千歳・恵庭に関しては札幌圏というより、千歳恵庭の産業的な要因の増加ではと思います。

以上、勝手に気になる点の解説をしましたが、時間があるときにいろいろデータを使って分析すると面白いですね。いまから、平成32年の調査が楽しみです。

では。



-----
もったいない
冷凍ビーフカツの横流し問題で、改めて考えさせられた食品ロス。

国内の食品廃棄量は政府の情報によると、年間1800万トンらしい。1800万トンと言われてもピンとこないが、10Kgの米袋にして18憶袋とくるとかなりの量だと思うが、これでも多すぎであまりピンと来ない、その位多い。
その中で、食品ロスと言われる、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど、本来食べられたはずのものは500万トン〜800万トンらしい。これまたピンと来ないので、500gの弁当(結構なボリュームだと思うが)だと、100憶個〜160憶個という計算になる。これはすごい量だろう。

この量は世界への食料援助量(平成23年で年間約390万トン)を大きく上回っている量の様です。

日本の食糧の自給率が低いというのはよく知られていますが、平成23年度で39%とのことで、大半を輸入に頼っています。その、一方で、毎日毎日食べられる食品を廃棄しているのです。

政府の情報ではいろいろ書かれていますので、そちらを見ていただくとして、要は日本人が贅沢になり、わがままになり、過度な効率化の追求、過度に便利さを求めすぎることに原因があるのではと思います。

最近知ったのですが、食品メーカー、卸、小売店が行う、いわゆる1/3ルール、これにより食べられるものが廃棄にまわされます。
レストランでは平気で食べ物を残します。
賞味期限と消費期限の区別もつかない消費者の無知から、賞味期限が切れたらスグに捨ててしまう。
そして、そこら辺のコンビニ、スーパーでは毎日、弁当、惣菜が捨てられています。

今は、私はコンビニには行きませんが、スーパーには買い物に行きますが、売られているお弁当、総菜が売れ残っている様を見て、いつも捨てられもったいないと思っています。
本当に、この弁当・惣菜って、便利ですが、もったいないです。注文入っていないのに作るんですから、余って当然、余るの承知で作ってるんですから。これを言っちゃうとすべての既製品と呼ばれる食品はそうでしょうけどね。

ほんと、食品ロスを減らすって難しいと思います。一人一人がもったいないって思いながら食品と向き合うしかないのでしょう。
弁当なくせ!なんてできないでしょうし。

食品だけは、計画経済の方がもったいないは減るのかな?




-----

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.