My Favorite Something...

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
もったいない
冷凍ビーフカツの横流し問題で、改めて考えさせられた食品ロス。

国内の食品廃棄量は政府の情報によると、年間1800万トンらしい。1800万トンと言われてもピンとこないが、10Kgの米袋にして18憶袋とくるとかなりの量だと思うが、これでも多すぎであまりピンと来ない、その位多い。
その中で、食品ロスと言われる、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど、本来食べられたはずのものは500万トン〜800万トンらしい。これまたピンと来ないので、500gの弁当(結構なボリュームだと思うが)だと、100憶個〜160憶個という計算になる。これはすごい量だろう。

この量は世界への食料援助量(平成23年で年間約390万トン)を大きく上回っている量の様です。

日本の食糧の自給率が低いというのはよく知られていますが、平成23年度で39%とのことで、大半を輸入に頼っています。その、一方で、毎日毎日食べられる食品を廃棄しているのです。

政府の情報ではいろいろ書かれていますので、そちらを見ていただくとして、要は日本人が贅沢になり、わがままになり、過度な効率化の追求、過度に便利さを求めすぎることに原因があるのではと思います。

最近知ったのですが、食品メーカー、卸、小売店が行う、いわゆる1/3ルール、これにより食べられるものが廃棄にまわされます。
レストランでは平気で食べ物を残します。
賞味期限と消費期限の区別もつかない消費者の無知から、賞味期限が切れたらスグに捨ててしまう。
そして、そこら辺のコンビニ、スーパーでは毎日、弁当、惣菜が捨てられています。

今は、私はコンビニには行きませんが、スーパーには買い物に行きますが、売られているお弁当、総菜が売れ残っている様を見て、いつも捨てられもったいないと思っています。
本当に、この弁当・惣菜って、便利ですが、もったいないです。注文入っていないのに作るんですから、余って当然、余るの承知で作ってるんですから。これを言っちゃうとすべての既製品と呼ばれる食品はそうでしょうけどね。

ほんと、食品ロスを減らすって難しいと思います。一人一人がもったいないって思いながら食品と向き合うしかないのでしょう。
弁当なくせ!なんてできないでしょうし。

食品だけは、計画経済の方がもったいないは減るのかな?




-----
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.